『LOCKET』第3号

*おかげさまで完売となりました。再入荷の予定はいっさいありません。誠に恐れ入りますが、お問い合わせはご遠慮ください。
-- -- --

いつからだろうか。朝日が鬱陶しくなったのは。
いつからだろうか。夕日が待ち遠しくなったのは。
もう一度、焦がれる思いで朝日を見上げたい――。

そんな気持ちを出発点に、独立系旅雑誌『LOCKET』は旅へと出ました。朝日の光源を追ってインド、オランダ、奄美大島、奈良、アイスランド、ベトナム……。どうしてひとは朝日を見ようとするのか。朝を身近に感じる日々になにを思うのか。夜明けとともにはじまる祭りとは。臨場感のある文章と美しい写真で、この身体でつかみ取った真実のようなものをお届けします。
巻末には、気鋭の写真家・津田 直さんが出演! 装丁も変更し、表紙は写真のみ、その上から文字のみのプラスチックカバーを手がけしています。製本も、商業誌ではなかなか扱えないコデックス装に!
コンテンツ、ヴィジュアルともに大きくスケールアップした第3号を、どうぞお楽しみください。

書名|『LOCKET』 第3号 MORNING ISSUE
特集|「朝日の光源」インド、オランダ、奄美大島、奈良、ベトナム
発売日|2019年3月発売
サイズ|B5変判(237mm×182mm)、本文112ページ
価格|本体1,200円+税
部数|1,000部

編集長|内田洋介
デザイナー|大谷友之祐(Yunosuke)

010|インド 東の海から光射す刻
026|チャイをめぐるファンタジー
030|オランダ 旅は自転車にまたがって
043|低地の国のライド術
044|明日の国の根っこにあるもの
046|奄美大島 ハレの朝のリズムに
057|ショチョガマってなんだ?
058|吉田 博が求めた光線
064|朝ごはんをいっしょに
066|奈良 殺したイノシシに朝は来ない
075|地べたの声
083|妖精との出合い、夢からの目覚め
090|山の民の「おはよう」を守りたくて
092|ベトナム 色の民が山を越える
105|背骨の旅人 第3回 津田 直

全国70軒の店舗に展開しています。取扱店舗の一覧はHPのSTOCKISTよりご確認ください。
http://locketmag.com/stockist

『LOCKET』第3号

¥ 1,320 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料220円が掛かります。

通報する